お仕事の切れっぱし


読めるだけじゃなく、実物も知っておきたい! そんな難読漢字を写真付きで紹介
音読みと訓読みがごちゃ混ぜに! 実はちょっとユニークなことばたちの世界
2010年ごろから目立つようになった「○育」の形をとることばを集めてみました
初めての漢和辞典が誕生してから1世紀あまり。そのささやかなコレクションです
江戸時代以降、数多く建てられた漢文の石碑。石に刻まれた物語の封印を解く試み


■講座開講のお知らせ
 2022年10月14日(金)より、栄中日文化センターにて、「辞書編集者のおとなの漢字謎解き」を開講いたします。ふだんから使っている漢字に隠されたさまざまな「謎」を通じて、漢字の奥深い世界をご紹介します。毎月第2金曜日、午後1時から90分、全6回。詳細は、下記をご覧ください。
詳細はこちら


■講座開講のお知らせ
 2022年10月15日(土)より、学習院さくらアカデミーにて、「おとなのための漢字学習」を開講いたします。知っておくと理解が深まる漢字に関する知識をていねいにご説明する、久しぶりの対面講座です。原則隔週土曜日、午後1時から90分、全4回。詳細は、下記をご覧ください。
詳細はこちら


■講座開講のお知らせ
 2022年10月17日(月)より、学習院さくらアカデミーにて、「四字熟語を通して漢文に親しむ」を開講いたします。四字熟語のもとになった漢文を拾い読みしながら、漢文の基礎になれるのが目標で、こちらはリモート講座です。原則隔週月曜日、午前10時40分から90分、全4回。詳細は、下記をご覧ください。
詳細はこちら


■新刊発売のお知らせ
 筑摩書房さんのQブックスというシリーズの1冊として、拙著『漢字が日本語になるまで 音読み・訓読みはなぜ生まれたか?』が発売されています。音読みと訓読み、同訓異字、名前の読み方、同音異義語、二字熟語の構成という5つのトピックから、日本語を書き表すための文字としての漢字について考えています。高校生にもわかるよう、語りかけるように書きました。ご興味のある方はぜひ手に取ってご覧ください。よろしくお願い申し上げます。


 主に漢字や漢詩・漢文関係の編集者・ライターをしております。仕事の関係で作った資料や、いつまで経っても日の目を見そうにない企画などから、それなりに価値がありそうなものを適宜、アップしていこうかと思っております。


トップページ・プロフィールを更新 2022.9.14
トップページ・プロフィールを更新 2022.8.7
「○育語辞典」内の誤植を修正 2021.3.18


ご連絡は、recieve★bon-emma.my.coocan.jpへお願いします。
(★にはアットマークが入ります)
開設2012.10.5、最終更新2022.8.7