お仕事の切れっぱし


読めるだけじゃなく、実物も知っておきたい! そんな難読漢字を写真付きで紹介
音読みと訓読みがごちゃ混ぜに! 実はちょっとユニークなことばたちの世界
2010年ごろから目立つようになった「○育」の形をとることばを集めてみました
初めての漢和辞典が誕生してから1世紀あまり。そのささやかなコレクションです
江戸時代以降、数多く建てられた漢文の石碑。石に刻まれた物語の封印を解く試み


■講座開講のお知らせ
 名古屋の栄中日文化センターにて、2020年10月9日(金)から「辞書編集者のおとなの漢字謎解き」を開講いたします。古代文字や漢字の成り立ち、部首、漢字の意味、重箱読み・湯桶読み、外来語の当て字など、さまざまな角度から漢字の世界を掘り下げます。毎月第2金曜日、午後1時から90分、全6回の予定です。詳細は、下記をご覧ください。
詳細はこちら
■講座開講のお知らせ
 2020年10月11日(日)より、学習院さくらアカデミーにて、「戦争と平和の漢詩を読む」を開講いたします。漢詩の伝統の中で連綿と受け継がれてきた平和への思い。その一端をひもときます。原則として隔週の日曜日、午後1時から90分、全3回。zoomによるリモート講座ですので、どこからでもご参加いただけます。詳細は、下記をご覧ください。
詳細はこちら
■講座開講のお知らせ
 2020年10月14日(水)より、NHK文化センター青山教室にて、「もっと知りたい!漢字講座[読み方編]」を開講いたします。音読みと訓読みの違い、音読みの種類分け、同音異義語と同訓異字、当て字などについてわかりやすくご説明いたします。隔週の水曜日、午後2時から90分、全4回。zoomによるリモート講座ですので、どこからでもご参加いただけます。詳細は、下記をご覧ください。
詳細はこちら
■拙著文庫化のお知らせ
 2018年1月に草思社さんから出版していただいた拙著『雨かんむり漢字読本』が、草思社文庫に入りました。文庫版用のあとがきを書き加えて、ちょっとだけ内容を増補してあります。ぜひご覧ください。
目次など詳細はこちら


 主に漢字や漢詩・漢文関係の編集者・ライターをしております。仕事の関係で作った資料や、いつまで経っても日の目を見そうにない企画などから、それなりに価値がありそうなものを適宜、アップしていこうかと思っております。


トップページを更新 2020.9.28
プロフィールを更新 2020.8.13
トップページ・プロフィールを更新 2020.8.4


ご連絡は、recieve★bon-emma.my.coocan.jpへお願いします。
(★にはアットマークが入ります)
開設2012.10.5、最終更新2020.9.28