お仕事の切れっぱし


読めるだけじゃなく、実物も知っておきたい! そんな難読漢字を写真付きで紹介
音読みと訓読みがごちゃ混ぜに! 実はちょっとユニークなことばたちの世界
2010年ごろから目立つようになった「○育」の形をとることばを集めてみました
初めての漢和辞典が誕生してから1世紀あまり。そのささやかなコレクションです
江戸時代以降、数多く建てられた漢文の石碑。石に刻まれた物語の封印を解く試み


■新刊のお知らせ
 新刊の拙著、『漢字の植物苑 花の名前をたずねてみれば』(岩波書店)が、2月下旬に発売になる予定です。植物名の漢字にまつわるあれこれを、気の向くままにつづったエッセイ集です。雑誌『図書』での連載に大幅に加筆しました。ぜひ、ご覧下さい!
■講座開講のお知らせ
 2020年2月15日(土)より、学習院さくらアカデミーにて、「おとなのための漢字学習」の特別編、「難読漢字の世界」を開講いたします。難読漢字にはどのようなタイプがあり、それぞれ、どうして読みが難しいのかについて、考えます。隔週の土曜日、午後1時から90分、全4回。詳細は、下記をご覧ください。
http://g-sakura-academy.jp/course/detail/2019/C/011/
 また、2020年2月23日(日)からは、同じく学習院さくらアカデミーにて「四字熟語でたのしむ漢文入門」を開講いたします。四字熟語のもとになった漢文を読み解きながら、漢文訓読の基礎を学ぼうというこの講座、今回は「列子の不思議な世界」と題して、「杞人天憂」や「窃鈇之疑」などを取り上げます。隔週の土曜日、午後1時から90分、全3回の予定です。詳細は、下記をご覧ください。
http://g-sakura-academy.jp/course/detail/2019/C/012/
■開講中の講座
 名古屋の栄中日文化センターでは、2019年10月より2020年3月まで、「辞書編集者のおとなの漢字謎解き」を開講中です。毎月第2金曜日、午後1時から90分、全6回の予定です。詳細は、下記をご覧ください。
http://www.chunichi-culture.com/programs/program_174268.html
 NHK文化センター青山教室では、2020年1月より3月あまで、「広辞苑でひもとく難読漢字の世界」を開講中です。どうしてそう読むのか、そもそもはどういう意味なのかといった観点から、難読漢字を掘り下げます。毎月の第1水曜日、午後1時から90分、全3回の予定です。詳細は、下記をご覧ください。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1176637.html
■拙稿掲載中!
 拙稿連載「四字熟語こぼれ話」掲載の『漢字一番』(学研プラス)は、偶数月19日の発売です。
http://puztime.com/book/kanjibest/
■拙稿連載中!
 拙稿連載「四字熟語根掘り葉掘り」は、日本漢字能力検定協会が運営するHP「漢字カフェ」にて、だいたい隔週火曜更新です。
http://www.kanjicafe.jp/


 主に漢字や漢詩・漢文関係の編集者・ライターをしております。仕事の関係で作った資料や、いつまで経っても日の目を見そうにない企画などから、それなりに価値がありそうなものを適宜、アップしていこうかと思っております。


トップページ・プロフィールを更新 2020.2.9
トップページ・プロフィールを更新 2019.12.1
トップページ・プロフィールを更新 2018.11.17


ご連絡は、recieve★bon-emma.my.coocan.jpへお願いします。
(★にはアットマークが入ります)
開設2012.10.5、最終更新2020.2.9